建築が消えるとき

2019.10.26 土曜日 14:28

建築設計を生業にしてから久しいが、自身が設計し既に解体された建物は2件ある。ともに仮設的な建築ではあるが。

まずは、保育所の建替えで敷地内に建てた仮設園舎。仮設といっても基礎は鉄筋コンクリートでしっかり作り、時間をかけて検討、計画したので想い強かった。使用期間は数か月ではあったが着工から解体まで見守った。やはり仮設のプレハブ建築の解体はあっという間に終わってしまう。十数日前まで子ども達の声がきこえてきた建物がすっかり消えてしまったとき、更地になった土の上を無意味にうろうろしたのを記憶している。

つぎは、今から二十年以上前、大学在学中に設計した焼物小屋。属していたサークルの美術研究会の活動で使う陶器を焼く灯油窯の小屋。窯は活動の象徴で部員にとって大切な存在だ。長い間使っていた手づくの窯を取り壊すことになり既成の窯を購入し、その囲いを建築学科という理由で私が設計することになった。図面や写真は一切手元に残っていないが、とにかく楽しくて夢中で鉛筆を動かしたことを覚えている。単管パイプを組んで波板で囲うだけの簡単で仮設的な小屋だったと思う。卒業後しばらくして後輩から解体されたことを聞かせれた。

悲しい気持ちにはならなかったがいろいろ考えた。形あるものはいづれ消える。建築なら数十年、車や家電製品は十数年、その他一年で消えるものや数日というのもある。ディナーで出てくる美しい一皿は数十分で消えてしまうのがシェフはどのような気持ちなのか。建築は自分を表現したものが長年存在するので設計者は幸せ者と思っていたが、料理のように一瞬で消えてくれた方があきらめがつくのかな、なんて想ってみたり。

角がたたない丸テーブル

2019.10.24 木曜日 10:28

ダイニングテーブルの形の話。

長方形がもっともポピュラー。それは部屋が四角形なのでテーブルも四角形にすれば一番有効にテーブルの面積がとれるから。作る側目線としてもその方が板材の無駄少なくなる。私も住宅を設計する際、まずは長方形のテーブルを想定してダイニングのスケッチを始める。

でも四角いテーブルは文字通りどうしてもいろいろと角が立つ。ハード面では、角があるのでよく腰あたりをぶつけて痛い思いすることしばしば。次にソフト面、座る場所によって何となくの上下関係が生まれる。上座、下座、お誕生日席など。

対して丸いテーブルはどうか。四角い部屋に丸テーブルでは、当然部屋に対するテーブル最大可能面積より小さくなるし、四角い製材を丸く切るので無駄が大きくなってしまう。ただ、丸テーブルは四角いテーブルより角がとれて優しいイイヤツになる。

上下関係がなくなるばかりか丸テーブルを囲んだときの一体感はなんとなく心地いい。テーブル中央の照明は、四角の場合はどうして角周辺が暗くなってしまうが、丸テーブルでは同心円状にムラなく照らしてくれる。

そんな理由で以前にデザインした丸テーブル。市販の丸テーブルでは小さいとのリクエストがあり大きめ径に設定した上で、自由な位置に座れるよう脚を中央に配したところが工夫した点。納品して数年経っているのでどんな感じに使い込まれているか久しぶりに伺いたいところだ。基本デザインは私で、最終デザインと制作は富田ウッドワーカーの富田豊治郎氏。

会話

2019.10.21 月曜日 12:49

フランスの街を歩いていると、街中に会話があふれていることに気づく。 みんなそれぞれ会話を楽しんでいて、ひとりで歩いている人は日本より少ない気がする。

歩きスマホでも通話しながら歩いている人を多く見かけるし、ベンチや階段に座っては会話している。マルシェにも多くの人が集まる。店員とコミュニケーションの必要がないスーパーは滅多に見かけない。大型スーパーの出店で個人商店が消滅する日本の状況とは違うようだ。

レストラン、カフェ、広場、それらは楽しく会話するために用意された場なのかもしれない。食事でワインと注文した際のテイスティングでは、私など分かったフリして「OK!」とふたつ返事で終わるのだが、まわりを見るとダメだししたり結構な時間話し込んで銘柄を決めている。「何を飲むか」の話題でそのテーブルはひと盛り上がりするのである。テイスティングという行為は本来店にとって無い方が面倒がなくなるはずなのにあえてその習慣を残す理由はやはりコミュニケーションの場を重要視しているのだと思う。

いろいろ考えてさせらた。せめて英語で「もう少し重いのありますか?」ぐらい言いたくて英会話テキストを買ったりするのだが三日坊主で終わってしまうのだが。

猫の居場所

2019.10.20 日曜日 20:28

今回は猫トイレの話。

猫のトイレはいろいろと考えるべきことが多い。やはり匂いとお掃除のしやすさが一番の悩み。日のひかりが入る廊下の窓下に猫トイレを設計した。

猫の本音はわからないが個室でゆっくりしてもらいたいと思い扉の中にトイレ空間を設けた。そうすることで匂いが外にもれずらくなる。ただ、こもらないよう換気扇を設置し人感センサー付き照明と連動させた。トイレの横には砂のストックとほうきなどを収納し、雑多になりがちなグッズをすっきりさせた。

問題なく機能したのだが、猫は人がいる部屋に一緒にいたいらしく、窓辺はあまり猫の居場所にならなかった。猫にとって気持ちのいい居場所はもう少し勉強が必要のようだ。

台湾のアーケード

2018.08.04 土曜日 17:26

台湾の街並みの大きな特徴としてアーケードの存在がある。詳しくは分からないが建築する際の法律で設置が義務付けられているようで、通りに面したビルには必ず設けられている。 
 
  
 
 アーケードを形成するために1階部分の一部を独立柱によるピロティにするため、地震国でもある台湾でたびたび発生する大地震時にアーケードが要因になってビルが倒壊する報道を目にする。 
 
でも、実際に訪れてみて多彩で有効な用途に驚いた。アーケードはあくまでその建物の敷地内、つまり私有地であり、シチュエーションによって使われ方が大きく違っていてその場所の個性が強く現れる。 
 
  
 
 それ以前に、台湾は亜熱帯なので雨期の台風や夏の日差しからも人通りを守る役割も大きい。不運にも私の旅行滞在期間中、台風直撃でずっと暴風雨だったのだがアーケードの下を雨宿りしながらなんとか旅行を楽しめた。

次回はアーケードの使われ方についてもう少し書きたいと思う。

保育所の計画

2018.07.06 金曜日 10:22

久々の投稿になる。 
 
東村山市で保育所の計画が具体的になりのその報告である。自然に正面から向き合い毎日泥だけになりながら遊びつくす、そんな力強いコンセプトを持つ保育所の建替え計画。今後随時進行状況を投稿したいと思う。 
 
 

表札

2017.12.17 日曜日 17:51

​先日、竣工した住宅の表札を取付つけた。竣工と言っても竣工から取付までかなりの時間か経過してしまったためクライアントには大変迷惑を掛けてしまった。 
 
 
 
表札のデザインはいつもその住宅のためだけのオリジナルとしている。それは長い期間、住まい手さんと話ながら共につくりあげた思入れのある住宅に対し、最後の締めくくりの挨拶のように感じていて、表札づくりの作業を大切にしている。 
 
それは、描き終わった絵の片隅にサインをするのに似ているのように思う。

秩序

2017.12.02 土曜日 17:29

11月下旬から一週間ほどの会期で銀座の立体アートの展示会に出展した。

テーマは、設計のアプローチを一旦フリーにして純粋に造形や形態を主眼に考察したらどうなるか実験のような作品。

予算や構造、法規などの要因を考慮して図面化するのが設計だか、それらをすっ飛ばして本能のままに立体を構築してみた。本能のままと言ってもどこか建築らしさだったり法則性を意識してしまうものなのだと気付き、題を「秩序の考察」とした。

ちなみに68,000円。

空間の変化

2017.09.08 金曜日 23:57

新しいプロジェクトの話をいただいて松山にお邪魔した。何度も伺っているにも関わらず、松山城に登る機会を逸していたのだが、ついに今回行くことができた。丘の上に立つこの山城は小学校の子供たちが遠足ついでに皆でゴミ拾いをするぐらい市民に愛されている。天守は建造から150年経ってるが、鉄砲を撃つための穴(狭間)や石落しなど造作が今も生々しく残っている。 
 
城内の天守までアプローチは敵の侵入対策から幾つもの頑強な門をくぐりなからジグザグな導線になっているのだが、その空間変化が実に楽しかった。低い門をくぐるとぱっと広い空間が待っていたり、角を曲がると突然天守が見えたり、緩いスロープの後の急階段だったり。すべては敵の攻撃に対して意表を突くための綿密な設計なのだが、今になれば空間の多様さを感じさせることになり感動的だった。 
 
そんなこんなで満喫していたら、飛行機に遅れそうになってしまった松山出張だった。 
 

三角テーブルの家、お披露目。

2017.07.29 土曜日 21:44

この週末、愛媛県松山市で進められていた三角テーブルの家が公開された。数週間、施主のご厚意でモデルハウスとしてお借りする運びになった。
 
家族が集まる多角形のダイニングテーブルを中心に、みんなの心地よい居場所を各所に設けた。花台のある窓際ベンチ、全員で共有できるライブラリーなど。 

img_0178-1.jpg
 

img_0179-1.jpg